新着記事一覧はこちら

#01 ピアノdeクボタメソッドについて

クボタメソッド、ピアノdeクボタメソッドは、現役の大脳生理学者(脳科学者)久保田競博士が監修しているメソッドです。
生まれた時に誰にも平等にある約140億個の脳の神経細胞。正しくアプローチすることで、シナプスとシナプスを繋げ、神経回路を作ります。
使わなかった神経細胞は、死滅してしまいます。

シナプスが出来る黄金期、2才3才までに何をしたら良いのか、ピアノを弾くことが何故効率良く神経回路を作ることになるのか?

また、大人になってからでは、衰える脳、衰えない脳とはどこで差が着くのか?
日常生活では、どのようなことに気を付ければ良いのか?

膨大な論文や文献、今までの研究からのエビデンスに基づいて作られているこのメソッドは、他に類を見ません。

大切に大切に、正しく分かりやすく皆さまに伝えられるよう、これからも久保田先生の指導の下、日々研鑽して参ります。

柴田直美先生 ピアノdeクボタメソッド主宰 柴田直美先生
河合楽器専属講師として長年ピアノ、ドリマトーンの指導、演奏活動をしていた。
2000年より京都大学霊長類研究所久保田研究室で実験助手として久保田競先生に従事し、2007年~2015年まで愛知工業大学自然科学教室勤務。
今日に至るまで久保田競先生から脳神経科学について多くを学び、自身のピアノ指導経験を生かし、ピアノdeクポタメソッドを考案する。