新着記事一覧はこちら

#13 県外からの体験レッスン

今日は、名古屋の教室まで県外から体験レッスンに来てくださいました。

2才7ヵ月の男の子
最初は恥ずかしがって、レッスン室にも入れず・・・あの手この手で引き寄せてとうとう入室

お母さまに、ピアノdeクボタメソッドと普通のピアノレッスンとリトミックの違いを説明させていただきました。
「ピアノを弾けるようにしたい」とか「楽譜を読めるようにして欲しい」と言うご希望でした。

さて、体験レッスンが始まると・・・

ママとお子さまの会話は英語
柴田「英語でのレッスンをご希望ですか?」
◯◯さま「最近やっと日本語が理解出来るようになったので、日本語でお願いいたします」
ちょっとほっとする
体験レッスンが終わる頃には、すっかりなついてくれて私に抱っこされていました
動物と子供からは、好かれるんですよね。

そして早速お母さまから連絡をいただきました
以下


ステキな先生とご縁を頂きとても光栄です。
息子が先生と離れたくない
と、また次のレッスンを楽しみにしているのを見て、親としてもとても嬉しく思っております。是非お願いしたいので、日時の調整がつき次第、ご連絡させて頂きます。今後共どうぞよろしくお願い致します。


また新しいご縁をいただきました

柴田直美先生 ピアノdeクボタメソッド主宰 柴田直美先生
河合楽器専属講師として長年ピアノ、ドリマトーンの指導、演奏活動をしていた。
2000年より京都大学霊長類研究所久保田研究室で実験助手として久保田競先生に従事し、2007年~2015年まで愛知工業大学自然科学教室勤務。
今日に至るまで久保田競先生から脳神経科学について多くを学び、自身のピアノ指導経験を生かし、ピアノdeクポタメソッドを考案する。